第17節 広島戦
就任以来愚直に同じスタイルを貫いてきた森保監督。
今のサッカーを追い求めてシーズンごとにスタイルを変えてきた手倉森監督。
どちらがいい悪いじゃありませんが、結果的にその熟成度が大きな差になったのが今節だった気がします。

広島の2得点はお見事というほかありません。
分かっていてもやられてしまうのが広島の強さだった気がします。

それに対して・・・言いたいことはいろいろありますが、戦術を語るブログじゃないのでこの辺にしておきます。
幸いここで2週間開くので、反省点を再度確認してしっかり自分のサッカーをして欲しいものです。


応援面ですが平日ナイターということで、開門直後はまばらだったサポ自も、試合開始直前に掛けて多くのサポーターで埋まりました。
2失点の場面では応援が沈み込みましたが、特に後半は大きな声での応援だったと思います。

試合前には日本代表に選ばれた林選手を激励する弾幕を有志が作成し、掲示させていただきました。
本来なら試合後も大きな声援をというところでしたが、あの試合結果では仕方ありません。
試合内容は残念でしたが、試合に出ることがあればぜひ頑張って欲しいものです。


先に言いましたが、ここで2週間開きます。
次節は平日ナイターの甲府戦なので行ける方も多くはないと思いますが、アツい応援をよろしくお願いします。
そして来月になる川崎戦、ここは真価が問われる一戦になるかと思いますので、ぜひアツい応援のご協力をお願いします。
# by sendai-neo | 2013-07-18 14:56

第14節 湘南戦
湘南は今季初無失点試合だそうです。
湘南の守備は集中してたかもしれませんが、取りこぼし以外の何物でもない気がします。
今季の目標が10位以内ならなにも問題ありませんが、今年は「去年より上」を目指すんじゃなかったのかな?
それで「内容はいい」とか言ってる場合かよって思ったりしてます。
その内容も微妙だった気がしますし13,000人って微妙な観客動員が何を語るか、チームも考えてほしいものです。


さて、そんななかでもサポ自にはたくさんのサポーターが集まり、アツい応援をありがとうございます。
途中試合内容もあって声のトーンも落ち気味だったりしましたが、終盤の声は出てたと思います。
そろそろオーラを歌いたいのですが・・・ねぇ。

試合後、選手が通り過ぎたタイミングで、有志が「俺達は2ステージ制反対フロントはどうなの?」という弾幕を掲示させていただきました。
9日のリーグの会議で方向性が決まるということで、その前にサポーターの意思を表示したかったので、この試合に掲示しました。
ただ、選手は関係ないので、試合と無関係な試合終了後というタイミングで、
また、試合前に有志がバックスタンドとG裏で説明を行い、ある程度の賛成を頂いた(特に反対意見も出なかった)ので掲示させていただきました。

2ステージ制には「優勝のチャンスが増える」という営業的な理由もありますが、
世界の主要リーグでこの制度を採用しているところはなく、
「年間を通じてもっとも勝ち点を挙げたチームが優勝」という世界基準から逸脱するのは好ましくないと考えます。
また、2ステージ制導入により、我々が猛反対している「秋冬制」への移行も容易になるのも理由のひとつです。
今後ともこの活動は続けていくつもりです。
いろいろな意見はあるとは思いますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

さて、このような状況ですぐに水曜日の大分戦。
大分銀行ドームはあの降格が決まった因縁の場所ですが、ここはすっきり勝って、反撃ののろしを上げたいものです。
平日遠方の試合でなかなか行ける方も限られているとは思いますが、よろしくお願いします。
そして、土曜日には磐田戦。
こちらも因縁のゲームですが、何とか勝って、連勝したいものです。
皆さまのアツい応援、宜しくお願いします。
# by sendai-neo | 2013-07-08 13:25

ナビスコ杯 川崎戦2
なんか残念な試合でした。
先制点を取ったまではよかったのですが、追いつかれてからチグハグでしたね。
攻撃も噛み合わなかった気がしますし、注意しなきゃないって分かってるはずのカウンターでやられたりと。

応援面ですが11,000人でしたがサポ自は埋まってました。
そんな中、新応援を含めたアツい応援のご協力お頂きましたが、残念な結果でした。

これでナビスコ杯は終了ですが、リーグ戦に専念ですね。
この内容で今週末大丈夫だろうか?という不安はありますが、ここはキッチリ切り替えてもらって、勝利を後押ししましょう。
よろしくお願いします。
# by sendai-neo | 2013-07-01 16:25

ナビスコ杯 川崎戦1
最後の最後に何とか1点取って週末に繋げましたね。
ボール回しも中断前と同じように工夫に欠けましたし、ゴール前に迫ってもイマイチ迫力がない。
そして守備も後手を踏んで、DFのミスで失点と最悪の展開だった気がします。
林の退場は反対側だったので何とも言えませんが、審判の判定なので仕方ありません。
それよりも後半早い時間攻勢だった時に攻めきれなかったのがよくなかった気がします。

そんな中、最後まで選手はあきらめずに、松下はよく押し込んでくれたなぁと思いました。
交代した桜井もがんばりましたし。
アウェーゴールが取れたことで次はとにかく勝てばいいので、分かりやすいですね。

さて、応援面ですが、日曜日のアウェーナイターということで、いつもの関東の試合の半分くらいのサポーターでした。
来て頂いたサポーターのみなさんは少ない中で精一杯の声援ありがとうございました。
やはり最後まであきらめないで応援するのが重要だなと思いました。

週末は繰り返しになりますが勝てばいいので、目の前の勝利をサポートしたいと思います。
林は出場停止になりますが、そこは桜井と関が頑張ってくれるでしょう。
みなさんのご協力、よろしくお願いします。


<追記>
ベガルタ仙台市民後援会様のHPに「応援歌CD義援金による支援活動第2弾」、気仙沼支援の様子が掲載されております。
また、現在までの累計金額が合わせて掲載されておりますので、ご覧下さい。
http://www.d1.dion.ne.jp/~vegalta/
今後ともCD企画サポーター有志は市民後援会様と共に、各地のご要望をお伺いしながら、できる範囲で有効的な活用を行っていきたいと考えております。
なお、CDにつきましては引き続き市民後援会ブースと通信販売を行っておりますので、ぜひお買い求めください。 よろしくお願いします。
# by sendai-neo | 2013-06-24 10:45

第9節 浦和戦
ACLで日程変更になって、これが第9節。

後半しちゃいけないミスから決定的な場面で相手選手を倒してしまい、PKで失点。
でも、その失点だけで崩されることも少なかった気もします。
なんとなくボール持ってるんだけど、相変わらず横パスが多くって消極的な感じでちょっとフラストレーションが溜まりましたが、交代で出場のヘベルチが積極的に打ったことで太田のゴールが生まれたと思います。
終了間際、負けるかと思ってましたから追いついて負けないで中断に入れたのはよかったかなと、前向きにとらえたいですね。


応援面ですが、水曜日の試合にも関らず約1,800人のサポーターが詰めかけました。
来た方はやはり「アウェー浦和戦で勝ちたい」って思いの強かった方も多かったようで、アツい応援だったと思います。

また、前節、清水戦から試験的に新チャントをリリースしました。
練習時の動画はこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=0ME1yzjPM3E
♪さあ行け 俺等と共に ベガルタ仙台 俺たちの声で勝利を 掴み取れ仙台 
です。

原曲はThe Offspring(オフスプリング)の「Why don't you get a job?」という曲で、チャントで使う時は省略して「WHY」と呼ぶことにします。

曲の使い方としては、ボールは持ってるんだけど「キュッパチ」ではないよなって時とか、しっかり組み立てたいような、じっくり応援を組み立てたいときを想定しています。
(使うに従って変わっていくかもしれませんが)
清水戦、浦和戦と使ってみてサポーターのみなさんの声も出やすいし、テンポも掴めそうですし、案外覚えやすいようなので、修正点を確認しつつ、正式に次のホームで練習したいと思ってます。
よろしくお願いします。

さて、リーグ戦はここで中断期間入り。
菓子杯にしても来月下旬ですから、1か月空いちゃいますね。
ケガの選手はしっかり治して、疲れをしっかり取って頂いて、再開後にパワーアップした試合を期待したいです。
再開後もよろしくお願いします。


<追記>
昨年発売いたしました、応援歌CDについてですが、収益の一部を被災地支援に活用させていただくことは常に申し上げているとおりです。

有志とベガルタ仙台市民後援会様とで被災地各地を回り、各地のご要望をお伺いしてまいりましたが、第1弾として5月19日に山元町にて地元スポーツ少年団にゴールポストの寄贈を行いました。
当日は有志、ベガルタ仙台市民後援会さまのほか、ベガルタから手倉森監督、渡辺選手、蜂須賀選手にもご参加いただきました。
今回の様子など詳しくは市民後援会HP内のブログをご覧ください。
http://www.d1.dion.ne.jp/~vegalta/

今後も市民後援会様と共に、各地のご要望をお伺いしながら、できる範囲で有効的な活用を行っていきたいと考えております。
よろしくお願い申し上げます。
なお、CDにつきましては引き続き市民後援会ブースと通信販売を行っておりますので、ぜひお買い求めください。
# by sendai-neo | 2013-05-31 12:31

第12節 横浜FM戦
なんかもったいない引き分けだった気がします。
強風でなかなかボールコントルーが難しかったようですが、惜しいシュートが何本かあったり、危ないのも何本かあったりでしたが、1点取った方が勝ちそうな試合でした。
それだけに惜しかったなぁって思ったりしました。
でも、アウェー3連戦の初戦を負けなかっただけよかったとしましょう。

さて、応援面ですが、試合前日の選手が仙台を出発する直前にウイルソンの出場停止1試合追加処分には驚くとともに監督の言うように「まったく納得いかない」ことでした。
2試合という内容についても納得いきませんが、もうちょっと遅い連絡だったらウイルソンがムダに移動していたわけで、せめて次節にするとかしてほしかったです。
そこで、有志がそれに抗議する弾幕を急遽作成させていただきました。
b0072803_1355212.jpg

JリーグやACLに対して直接的な表現は使えない(撤去・没収の対象になる)ので、このような幕になりました。
スタジアムでも多くのサポーターの方に撮影頂いたように、ご理解頂けたものと思います。
今後このような処分がないように、JリーグやACLお願いしたいものです。

また、この試合、通路より上部に中心を置き応援しました。
チケットの売れ行きを考慮し、天井による応援の声の反射等を考慮したためです。
それに伴い、スタンド全面のガラス柵等に掲示しきれない弾幕を席張りさせていただきました。
これは中心部の前にメッセージ性を出したいと共に、サポーターのみなさんに中段に上がって欲しいという効果を狙ったものです。
席張りに関してはスタジアム警備担当者の許可を得て行い、サポーターの多くのみなさんにも自主的に幕の前部には出来るだけ入らない等、趣旨をご理解いただいたものと思っております。

おかげをもちまして、声に関して想定以上の効果を上げたと思っております。
ご協力ありがとうございました。
今後も、アウェー戦に関しては座席設定とチケットの売れ行き等を総合的に考慮しながら、より選手に対して効果的な陣形やCLや弾幕の配置を臨機応変に行いたいと考えております。
当日現地でのお願いになりますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

来週はアウェー2戦目の清水戦。
なかなか一筋縄ではいかない相手ですが、ウイルソンも出場できますので、きっちり勝ってほしいものです。


<追記>
一部の方から75分のマリノスGK榎本選手の負傷時のブーイングについて確認等がありましたので、私たちの分かる範囲で書いておきます。
1.接触プレーの際、スタンドからピッチまでが遠いせいもあって、大したプレーには見えませんでした。
(サポの中には「接触したのか?」って声もあったほどです)
2.その後榎本選手が倒れた際も1.の認識とベガルタが攻勢だったこともあって「大したことないのに痛がってるんじゃねぇぞ」というブーイングが起こります。
3.その後弱くなりますが、マリノスのメディカルスタッフがベンチに対して丸印を出し、さらに榎本選手が痛そうにしてるので「早く再開しろ」とブーイングが起こりました。
4.しばらくして今度はメディカルスタッフがバツ印を出したので、榎本選手ではなく、メディカルスタッフに対してブーイングが起きました。
5.そして角田ともう1名のベガルタ選手から「まあまあ」と制止するゼスチュアがあったので、榎本選手のこともあるので制止しました。
6.その際、CL周りでは「榎本選手のコールをすべきでは?」との議論もありましたが、試合展開・時間等を考慮し、そのまま応援続行となりました。
以上です。
なお、ブーイングに関してCLをはじめとするいわゆる中心部はすることはありますが、「先導」することはありません。
また、CL周りでもブーイングをせずにいたものも複数いたことを申し添えます。
あのようなスタジアムで瞬時の事態を把握することはなかなか難しいのですが、今後とも出来る限り注意を払いながらとできるだけ適切な対応をしていきたいと思っております。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
# by sendai-neo | 2013-05-19 14:42

第11節 大宮戦
すばらしい試合でした。

対戦相手の大宮の不敗記録を止めたと大きく報道されていますが、
「不敗記録はマスコミとサポーターが騒いでるだけだ」と大宮のベルデニック監督は言ってた通り、ベガサポからしても「だから何?」って感じで闘えてた気がします。
それよりも、全国放送で仙台の勝利が大きく取り上げられたことがうれしいです。

お互いタイプが似ているだけあって当たりの強い激しいゲームでしたが、
蜂須賀のシュート→赤嶺のゴールは素晴らしかったですし、
ウイルソンの約50mをドリブル→相手をかわしてのゴールも完璧でしたね。
守備面もあの失点以外は大きな破綻もなく、うまくコントロールできてた気がします。
欲を言えば後半失点したのと3点目が獲れなかったのは残念でしたが、それは贅沢というものでしょう。

応援面は運動会も多かったようでサポ自に空きもちらほらでしたが、ゲームが始まってしまえば熱い声援でしたね。
特に終盤の声援の声量はものすごかったですね。
試合展開にも左右されますのですが、あの声量とまでは言いませんが近い声量が選手の苦しい時間帯も出ればかなり後押しになるのではないかと思います。

これで6月の菓子杯までホームはなく、リーグ戦もアウェー3連戦。
まずは好調マリノスに勝ってさらに勢いに乗りたいところです。
横浜に行くみなさん、アツく楽しい応援を引き続きよろしくお願いします。


<追記>
ちびリンピック小学生8人制サッカー全国決勝大会でベガルタジュニアユースが優勝し、初の全国タイトルを獲得しました。
本当にうれしいことで、心から祝福いたします。
TBS「サンデーモーニング」のスポーツコーナーでも、活躍が放送され、張本さんに「あっぱれ」を頂いて嬉しい限りです。

大宮戦前にその報告セレモニーが行われ、選手の挨拶とグランド1周がありました。
その際有志が「優勝おめでとう!いつか共に闘おう!」と弾幕を作成・掲示させていただき、サポーターのみなさんと共にベンチ入り18名の選手コールをして祝福させていただきました。
ご協力ありがとうございました。

この声援を胸に、彼らの中から近い将来トップチームの選手としてユアスタで躍動する選手が現れることを期待したいと思います。

文責:ごとぴん
# by sendai-neo | 2013-05-12 20:28

ACL 江蘇戦
条件付きで決勝トーナメント進出が決まる試合でしたが、負けてしまい、予選敗退でしたね。
なんかここ数試合非常にもったいない試合をしてますが、なんかチグハグでした。
蜂須賀→菅井のシュートが素晴らしかっただけに、それに続く何かが欲しかったなぁと残念です。

平日ナイターにもかかわらず、1万人を超えるサポーターが駆けつけました。
やはり決勝トーナメント進出を期待してかなと。
あるいは初の19時30分キックオフで、仕事帰りでも駆けつけやすかったのもあったかと思います。
小さい子供連れの方は来づらいので、一長一短ありますが・・・
指定席よりもサポ自が埋まってる感じもここ最近はいつもの光景ですね。
そんな中、アツい応援でしたが、勝利をサポートできなかったのは残念です。

挨拶に来た選手たちがこれまでにない非常に悔しい表情をしていたのが印象的でした。
ACLは終わってしまいましたが、まだリーグ戦は始まったばかり。
菓子杯も天皇杯もあります。
まずはリーグ戦をきっちり勝って行きたいものです。

次はアウェー名古屋戦。
連休最終日のアウェー、しかもナイターでなかなか行きづらい試合ですが、行ける方はぜひアツく楽しい応援をよろしくお願いいたします。
そしてホームは11日大宮戦。
いづれも一筋縄ではいかない相手ですが、きっちり勝利したいですね。

文責:ごとぴん
# by sendai-neo | 2013-05-03 11:32


I LOVE SENDAI 
mail
sendaineo@yahoo.co.jp
最新の記事
夢を見るには
at 2017-03-16 02:09
愛したい
at 2017-02-18 16:15
取り払うべきは、
at 2016-05-04 00:39
31番の憂鬱
at 2015-05-17 01:12
我慢2。
at 2015-05-03 01:33
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧