<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第30節 磐田戦
勝負の結果は紙一重な、かなり厳しい試合でした。
ボールは持たされてる感があって、相手の中盤に面白いように獲られる&ミスするし。
そんな中、赤嶺のゴールは素晴らしかった。
・・・と喜んだのの束の間、菅井の負傷退場で暗雲が。
すると、やっぱり追いつかれて、結局引き分けでしたね。

幸いだったのが、広島も引き分けたこと。
やはりアウェーで負けなかったのは大きかったと思います。
また、菅井は打撲だけだそうで、次節は出れるとのことでほっとしましたね。


応援面ですが、土曜昼間の磐田にも関らず、未明に仙台を出た方も多かったようでかなりの方がいらっしゃいました。
試合前から最後までアツい応援ありがとうございました。

そんな中、コールをリニューアルリリースしました。
横断幕にもなっている「GET THE GLORY」。
これはラフィンノーズの曲名で、以前私たちはその曲を使って、
「GET! GET! GET THE GLORY!」
ってやってましたが、
今年は優勝という栄光をつかむために、
「SENDAI GET THE GLORY!」
というコールをすることにしました。
コール的には「セン!ダイ!GET THE GLORY!」という感じです。
以前のよりテンポは心持ち遅めで、しっかりコールするようになってます。
現地でも声が出しやすかったようでいい感じでコールできていたと思います。
また、コールの際には拳を振り上げてアツくお願いします。


また、先日完売しました応援CDも追加分から100枚ほど持参し、ほぼ売り切りました。
次節ホームも枚数を用意して販売いたしますのでよろしくお願いします。

さて、次節は日程の関係で7日(水)にナイターでC大阪戦。
結構寒いのではないかと思われますが、それを吹き飛ばすくらいのアツい試合をアツい応援でよろしくお願いします。


<追記>
ベガルタレディースの優勝、本当におめでとうございます!
また、群馬・川場村に応援しに行かれたサポーターのみなさんお疲れさまでした。
by sendai-neo | 2012-10-29 09:36

第29節 浦和戦
開始2分の太田→ウイルソン→赤嶺がデカかったですね。
これまでの試合とは一転し、前半から積極的な姿勢が見られたのはすごくよかった。
浦和が守備的で、ミスが多かったのにも助けられましたね。

後半は浦和も攻撃的になりましたが、梁→ウイルソン、田村→中原→ウイルソンといい形で追加点が取れたのはよかった。
林の超絶なセーブもよかったですねぇ。
でも、2失点は明らかに気の緩みって感じがしたのでそこは反省してほしいです。
でも、「負けはしないだろうな」って雰囲気はありましたよね。

応援面では17,700人って完売の割にはどこかに余裕があった気がしましたが、サポ自はビッシリでしたね。
前半から攻勢だったこともあって良く声が出てた気がします。
途中「中だるみ」もありましたが、失点で修正出来たりもありましたし。
そんな試合でウイルソンにゆりかごが出来たのはよかったです。


さて、以前からご案内しておりました、ベガルタ仙台応援歌の3rdアルバム「SHOUT for the GLORY -Sendai Rock'n Roll 2012-」が今節から発売になりました。
詳細は先日書いておりますのでそちらをご覧いただくとして、初回プレス3,000枚のうち、市民後援会通販分を除く2,600枚を販売しましたが、試合開始前に完売いたしました。
また、通販分もかなりのご注文を頂いているようで、ありがたい限りです。
当初は試合終了後の販売で売り切れるがどうかという予想でしたので、想像以上の売れ行きに感謝申し上げるとともに、期待して頂いたのに買えなかった皆さんには大変申し訳ありませんでした。
追加プレスを早急に行い、次のホームC大阪戦、ホーム最終新潟戦でも発売いたしますので、ぜひお買い求めください。

当日はベガルタ仙台市民後援会様、イトオン様、我々有志で販売活動を行いましたが、ボランティアで曲を収録させていただいたAURAのメンバーも来場してくれて、時間の限りサインをしていただきました。
試合終了後には「AURA」を彼らのリードで歌えて本当によかったです。
本当にありがとうございました。

なお、売り上げにつきましては、ご案内の通り、ベガルタ仙台市民後援会が管理を行い、スタジアム販売・通販分から800円(後日発売のその他のルートからも一定金額)を震災復興活動の義援金として寄付する予定です。
この件については当初よりご案内の通り、行った段階で随時このブログや市民後援会HPで発表させていただきます。


さて、広島が敗れたため、勝ち点でついに追いつきましたね。
残り4節、しっかり勝って頂上を目指したいものです。
次節は何かと因縁の磐田戦。
行きづらいアウェーですが、行ける方はぜひアツく楽しい応援で勝利を後押ししましょう。


(追記)今節から非公開コメントを不可の設定しました。公開で議論を行いたいので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
by sendai-neo | 2012-10-21 10:12

天皇杯 熊本戦
「天皇杯もリーグ戦優勝もする」って監督が言ってたのは、ウソだったんですね。
そうとしか思えない戦いぶりでした。
脚に不安のある選手が外れたのは仕方ないとして、
変わった選手の連携が悪すぎてパスミスは多いし、
いいところまで行ってもフィニッシュが決められない。
赤嶺との「わずかなズレ」の連発は早期に修正して頂きたいものです。

前半は相変わらずで、後半「こういう展開だと」っていう失点。
広大のヘディングはいいよな。さぁここからと思ったけど続かずに延長へ。
お互いヘトヘトになりながらでもミスしまくって最後は見事に決められて終了。

「本当に天皇杯狙ってないよね」としか言いようのない、無様なゲームでした。
救いは今週末にゲームがないこと。
10日でしっかりと立て直してほしいものです。
それと今回出た控えクラスの選手の底上げは必須ですね。

応援面ですが、ソニー戦につづき5,000人割れでしたが、指定席は減って自由席のサポーターが多かった気がします。
それに伴い、ソニー戦より応援に参加したサポーターのみなさんも何倍にもなってたように思いました。
さすがに試合開始当初から全力という感じではありませんでしたが、途中からは自然と全力応援になりました。
人数の割には声もよく出ていたと思います。
しかも延長で120分ですから、本当にお疲れさまでした。

カントリーロードの時には試合開始時の盛り上げに一役買いたいとスモークマシンを再登場させました。
この機器については、ソニー戦の項で詳しく導入経緯を書いてますので再度くどくは書きませんが、フロントとは打ち合わせの上使用しておりますし、音楽のライブで使用する機器ですので安全面も問題ありません。
また、カントリーロードの際のみに使用し、試合進行に支障を来さないようにしております。
これについては今後もフロントと使用方法について打ち合わせの上、効果的に使っていきたいと思ってます。


さて、こうなると残るはリーグ優勝ということになりますが、広島も強いのでなかなか大変です。
ですが、まずは食らいついて、最後にみなさんと歓喜できるよう、応援して行きたいと思います。
そして、次節は浦和戦。
もう言い古された言葉ですが「切り替えて」行きたいものです。
みなさんのご協力、よろしくお願いします。
by sendai-neo | 2012-10-11 10:24

第31節 G大阪戦
負ける気がしない戦いでしたね。
前半はいつものスロースタート。
後半に入って、GKがはじいたところを赤嶺→梁。
CKで危ないところを林がスーパーセーブ。
で、朴→中原のドンピシャのヘディングで2得点。
ここは周りの選手が相手DFを引き付けて、2人がドフリーになってましたねぇ。
まぁ、最後1点獲られたのは若干不満ですが、きれいに勝ったってことにしておきましょう。

応援面ではいつものように、後半声がよく出ていました。
でも、前半抑え気味に行っちゃうのと、2点取って安心したのか若干落ちたのは反省点ですね。

さて、前の項でお知らせしてますように、20日の浦和戦から応援CDが発売になります。
そのプロモーションで、ゲートやスタンドでのチラシ配布と掲示をさせて頂きました。
また、試合後にはコメントを書いていただきました林選手にボードを持っていただいて、告知をさせて頂きました。
詳細については前項、並びに市民後援会HPをご覧ください。
20日は市民後援会ブースほか、スタジアム内外3か所で発売いたします。
ぜひともよろしくお願いいたします。

さて、20日の浦和戦の前に、水曜日には天皇杯熊本戦ですね。
平日ナイターで少なめなお客さんが予想されますが、現状ではレアなカードですし、勢いのある熊本ですので油断はできません。
都合のつく方は試合開始後からでもぜひ、アツく楽しい応援をよろしくお願いします。
by sendai-neo | 2012-10-08 03:32

ベガルタ仙台応援歌の「3rdアルバム」発売について
既にベガルタ市民後援会HPにも掲載されております通り、このたび、ベガルタ仙台応援歌の3rdアルバム「SHOUT for the GLORY -Sendai Rock'n Roll 2012-」を10月20日の浦和戦当日から販売する運びとなりました。

概要や販売方法、有志のメッセージは市民後援会HPをご覧ください。
http://www.d1.dion.ne.jp/~vegalta/

以前よりサポータとして何かできることはないかと有志で検討してきた結果、「応援のCDを制作して収益をサッカーに関する被災地支援への義援金として活用しよう」ということになり、有志が(株)ベガルタ仙台様、ベガルタ仙台市民後援会様、(株)イトオン様の協力のもと制作しました。厚く御礼申し上げます。
また、スペシャルゲストとしてAURAがこの企画に賛同し、特別バージョンで参加して頂きました。御礼申し上げます。
そして、サポーターのみなさんのアツい応援がスタジアムに響いていたからこそ、アツいCDが制作できました。心より感謝申し上げます。

なお、スタジアム販売と市民後援会通販分は、販売金額の2,100円のうち、800円を義援金として寄付させていただきます(それ以外の販売ルートは後日となります)。
差額の1,300円は制作協力のイトオン様に支払う、録音費、機材費、著作権使用料、CD制作費等の実費です。
販売を快く引き受けて下さった市民後援会様並びに編集、マスタリング作業を昼夜問わず行ったサポーター有志は無償ボランティアとなっております。
また、お預かりした金銭については市民後援会様が管理し、寄付が終了した後の収支についてはこのブログやスタジアム他で公表いたします。

ぜひサポーターのみなさんにお買い求めいただき、ご自宅や移動中にスタジアムの感動を呼び起こしていただくとともに、支援の輪が広まりますよう、お願いいたします。
by sendai-neo | 2012-10-05 02:30


I LOVE SENDAI 
mail
sendaineo@yahoo.co.jp
最新の記事
夢を見るには
at 2017-03-16 02:09
愛したい
at 2017-02-18 16:15
取り払うべきは、
at 2016-05-04 00:39
31番の憂鬱
at 2015-05-17 01:12
我慢2。
at 2015-05-03 01:33
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧