<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第28節 京都戦
およそJ1の試合とは思えない、レベルの試合でした。

お互いミスをしまくり、シュートを外しまくり。
得点シーンだって、なんとか押し込んだ感が。
どのシュートかがきっちり決まって、2-0なら、まだ感じは違ったのでしょうけど。

でも、仙台にしたら、なんとか勝ちに持ってった感じかな。
この勝ちは、デカいね。デカい。

京都はキツくなりましたねぇ。
なんであんなにうらやましいスポンサー(ユニもスジアム看板も上場企業や有名企業)ばっかりなのに、あぁ言う成績なのかが、ものすごく不思議。
下手すりゃ名古屋よりいいチームになってもおかしくない気がするんですが・・・。

富田がいつになくいい感じのプレーが何回かありましたねぇ。
あのシュート、あれをいつも打てるようになれば、相手には脅威だと思います。
でも、パスを出す相手を探す時モタつくのは、相変わらずでしたけど。
アレさえなければ、いい選手何ですが・・・。

あと梁がキレキレでしたなぁ。

更に特筆すべきは、ヨシキ。
あの最後のシュートを決めてれば・・・ってぇのもありますが、
まわりが疲れ切ったとは言えあの動き、素晴らしかったなぁ。


応援に関してはCL氏、いい感じの選択でしたねぇ。
試合後のシャンゼリゼなしは、「雨が降ったところに選手をいつまでもいても」って言う選択だったらしいけど、
実は私達もその提案をしようとしてたので、納得。
一部には異論があるようですが、俺はあれでよかったと思いますよ。
そのあたりは臨機応変にでいいと思います。

次の神戸戦はすっきり勝ってほしいなぁ。
by sendai-neo | 2010-10-31 11:23

第26節 FC東京戦
途中までは完全に負けを覚悟してました。
でも、相手のミスに付け込んで逆転勝利。

決してほめられた勝利じゃなかった気もしますが、
少ないチャンスを確実に得点。
負けててもあきらめないでしぶとく戦った。
この2点はミニキャンプの成果なんでしょうか?
良く分かりませんが。


さて、10月22日は亡き伝説サポ、戦術君の命日。
私達の仲間は、個人的に「戦術ボードレプリカ」を大量に用意してくれました。
肝心なとこが間違ってたのはご愛嬌。

でも、昨日の勝ち方はまさに
「2×2=4、2+2=4」・・・方法は違っても最後にそこに(ゴールに)たどり着ければいい
って戦術君の話を思い出しました。
悪くても、とにかく現状はまずは残留ですしね。

仲間内でも「戦術君が勝たせてくれたんじゃないの」って話してましたしね。


フェルナンジーニョと赤嶺に応援歌が付きましたね。
正直私達の中でも賛否両論ありました。
が、割り切りもありかと思います。
で、赤嶺の歌については「出だしのキーが若干高くて歌いづらいかも」って話をBACKS幹部にしました。


次はC大阪戦。
C大阪→京都→神戸→磐田と、勝ち点を稼いでいきたい試合が続きます。

楽しくアツくいきましょ。
ではでは。

                                 ごとぴん
by sendai-neo | 2010-10-17 14:14

第25節 名古屋戦
残念でしたねぇ。

特に後半、引き分け狙いでもまったく問題のないところで、前がかりになり過ぎたところをカウンターで失点。
決めた小川はさすがでしたが、「引き分け狙い」ならあそこまで守備陣まで前がかっていくこともないだろうって感じがしました。

勝っていた横浜戦と追いつかれた名古屋戦。
同じ戦いで勝ち点1を取りに行った方が、よかった気もします。
(本音はもう1点取って勝ちたかったというのもありますが)
そういう意味で、守るのか勝ちに行くのか、監督とプレーヤーの意識にズレがあったようにも思いました。

でも、上位チーム2戦で勝ち点3。
これでなんとか次にはつながります。

応援は試合展開もあって、キツい展開でしたねぇ。
その中で、以前取り上げた「カントリーロードの時の太鼓をたたくタイミング」が実にいい感じでした。
「この次もぜひこれで」とは申し入れときました。


あと、残念だったのが、試合終了後の出来事。
これは現場にいなかった方も多いのでちょっと説明します。
チームコール→関口コールで気持ちよく送り出そうとした時に、失点シーンの直樹に納得のいかない独立系サポ(仮にX氏と言います)が直樹に注文を付けました。
すると、斉藤が「ここは言わないで」って感じで来ると、それでも収まらないX氏は注文を続けます。
で、斉藤が「いい加減にしろ」となり、周りの選手が止める。
そこで私(ごとぴん)ほか周りのサポがX氏を制止。
改めて関口コールと言う流れでした。

昨日の展開で現場は、
「直樹はまずかったけど、名古屋に負けは仕方ない。切り替えて関口送り出そうぜ」
って感じで意思統一ができてたと思うので、かなり険悪な空気となり、残念な出来事でした。

現場で冷静さを失ってたX氏にその場で言ってもダメだと判断しましたので、
私達の仲間からX氏関係者の知人を通じて、改めて注意お願いしました。


さぁ、1週間あいて、次は直接対決。
きっちり勝って行きましょう。

その前に、関口の活躍を見ないとですね。

                                   ごとぴん
by sendai-neo | 2010-10-03 13:06


I LOVE SENDAI 
mail
sendaineo@yahoo.co.jp
最新の記事
夢を見るには
at 2017-03-16 02:09
愛したい
at 2017-02-18 16:15
取り払うべきは、
at 2016-05-04 00:39
31番の憂鬱
at 2015-05-17 01:12
我慢2。
at 2015-05-03 01:33
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧