<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第21節湘南戦
まず連勝したことを素直に喜びたいです。

試合内容はあまり褒められたものではなく、
いかにも降格圏内の争いって感じの試合だったと思いました。
湘南は順位なりのって感じでしたし。

しかも、梁の得点に喜んでたらすぐに追いつかれる「シャンゼリゼ現象」。
「うわっまたかよ」って展開だし。

しかし、中原、よく決めてくれましたねぇ。
これで吹っ切れてくれれば、いいと思います。
赤嶺の怪我が心配ですが、早く戻ってきてくれることを期待したいです。


応援に関して言えば、いつも通り。
でも、後半の「ここぞ」って言うときの声、出てましたねぇ。
これでいいと思います。
90分全力は無理なんだから、緩急が大事。


オーラの前、CLキクチ氏が何か言ってる。
なんか微妙な空気が流れてる。
で、オーラの後CL周りであった「キクチコール」。
後で幹部から話を聞いたら、キクチ氏がCL引退宣言をしたそうです。

私達はシーズン前の話し合いの時から、
「これまでの経緯から彼を支持できない。彼を替えてほしい」と言ってきました。
今シーズンもコールの選択とか、CL周りのサポートとか、ちょっと微妙だなぁと思ってきました。
そうい経緯がありますが、これまで長年、仙台の応援を引っ張ってきた1人は間違いなく彼です。
ここは素直に「お疲れさま」。

コールはCL一人でするものではありません。
一般サポとの阿吽の呼吸とか、試合の流れの見極めとか、CL周りの助言とかが必要です。
試合を見ながら、サポの感じを確認してコールを選択したり、続けるか即決する。
私も大昔、関西アウェーの試合で1試合だけやったことがありますが、結構難しいものです。
その時は数十人規模でしたが、やはり周りのサポートは不可欠でした。

ですから、仙台サポーターとして、私達も新CLを支えて行ければと考えています。
もちろん「ここがおかしい」と思えば意見しますし、CLの意見も尊重します。
そういう是々非々のスタンスで行きたいと考えています。


あと、試合前、関係者団体の20節参加の幹部と話しをしました。
彼は球団の公式HPに書いてるあることと同様の話をしていましたが、
「ブログに経緯と今後の対策を書くべきだ」と話しをしました。
「試合後の会議で検討する」と言っていたので、経緯を見守りたいと思います。
きっちりけじめは付けてもらって、いい流れで行きたいです。


ここから3戦、ナビスコカップと天皇杯。
どう言うスタンスで行くか分かりませんが、そういう季節なんですねぇ。
まずは、残留をきっちり決めて欲しいと思います。

                                   ごとぴん
by sendai-neo | 2010-08-29 13:58

20節の出来事について
前の項で、非公開さんから指摘がありました。
「協賛してる方の挨拶のときのコール、いかがなものなのかと疑問に思いました。」
という内容です。

ホームでの挨拶やセレモニー時の応援は、自粛すべきであるというのが、私達は常識と考えています。

ところが、先日の川崎戦において、
鳥を飛ばすセレモニーの際に応援と止めようとしなかったので、
私達は応援を止めるように依頼し、しばらくして止まったということがありました。
ハーフタイム時に当時のCL氏に「あれはすぐに止めるべきだった」と話したところ、
「セレモニーが始まったのは気付かなかった。今後気を付ける」と言っておりました。

ところが、大宮戦でまた起きてしまいました。
私達は試合開始後の入場になったので、この件について直接見ておりませんが、
複数のサポータから話を聞き、その事実を確認しました。
また、大宮サポが撮影したと思われる画像が、動画サイトにアップされており、
スポンサー様が気を悪くしたのか、挨拶途中で数回にわたり話を止めている様子も確認できました。
そして昨日、チームから公式な発表がありました。

この件について、私達は非常に遺憾に思っております。
試合前はセレモニーがあることはどこのスタジアムでも、よくあることで、
CL氏が注意していれば分かったはずです。
また、CL周りのサポーターも誰か気付かなかったのか、
また、気付いて「止めろ」というサポがいなかったのか、非常に疑問です。

この件について、当事者団体から何のコメントも出ていないのも、遺憾に思います。
応援の中心を名乗るのであれば、きちんと意見を明らかにすべきと考えます。
特に今回は、チームに多大な迷惑と労力を掛けているので、なおさらです。

この件についての当事者団体からの事実関係と再発防止策の公表を求めます。
by sendai-neo | 2010-08-26 04:59

第20節 大宮戦
中3日の大宮と中4日の仙台。
大宮の仙台に対して持ち始めてる苦手意識。
早い時間の坪内の負傷交代。
対照的な、決定力の差。

材料を全部いい風にした、仙台の勝利でした。
いやぁ、長かった。
ここで負けたらもうヤバかったからね。
取りあえず一息。

でも2点取って中途半端に守るのか思ったら、攻めてましたねぇ。
それでいいだと思います。
うちって「1点守ろう」なんて、ムリなんだから。
攻撃的にね。

ま、応援についてはちょっと選択に?も付くとこもあったけど、無難にだったかな。


でも、次湘南戦勝たないと意味ないからね。
きっちり獲りに行きましょ。

                                     ごとぴん
by sendai-neo | 2010-08-23 12:16

第19節浦和戦
この試合のポイントは、
前の試合で6~7つ勝てれば残留出来ると言い張った、監督の本気度。
逆にいえば、そのくらい勝たなきゃ残留出来ないという危機感。
であったと思う。

この試合、「引き分けに持ち込んだ」んじゃなく、「勝ち点2を失った」気がした。
勝てた試合だったと思う。
今年はそういう試合をことごとく勝てない。

「昨日、こちらの記者に残り16戦の星勘定を聞かれたときに、10勝6分という話をしました。今日はひとつ引き分けたので、あと15試合頑張っていきます。」と監督は言ったらしい。
いい加減にしてくれ。
ホントに残留する気がないのなら、即刻辞めてくれ。
する気があるなら、そんな軽口叩けないはずだ。

選手も本当に残留する気があるのか疑問に思ってくる。
何となく試合をこなしてるようにしか見えないのは、気のせいだろうか?
いや、気のせいであってほしい。

選手同様、応援もチグハグだった気がする。
試合後、何となくチームコールみたいな気がしたからだ。

ここ最近言ってるように、ブーイングや罵声をすればいいとは思ってない。
メリハリのある、ここぞというときに全力を出すようなサポートができる応援。
そういう場面が、昨日はあったろうか?

いつものようにコールして、いつものように勝ち点を失って、いつの間にか降格が決まってた。
そんな状況をみんなは望んでないはずだ。

「本当に残留したい」って本気度と、危機感があるだろうか?
そんなことを思いながら後にした、埼玉スタジアム。

この時期にそういうことを考えなきゃないこと自体、なんか悲しい。

                                   ごとぴん
by sendai-neo | 2010-08-18 04:08

第18節G大阪戦
試合前の、ベガルタカップ宮城野地区決勝。
FCクオーレの見事なパスワークの攻撃サッカー。
スタジアムはかなり盛り上がった。
私達が求めていた、「人もボールも動く」攻撃的なサッカーだったからだと思う。

まぁ、攻撃一辺倒で行かないのは分かってるし、守備から入らざるを得ないのも分かる。
が、望月前監督から「継承」したはずの、「人もボールも動くサッカー」はどこに行ってしまったんだろうか?
仙台人はあぁ言うサッカーが好きなのだ。


相変わらず、迷走する監督のコメント。
「次は勝ちます」ってカラ手形、もう何枚切ってるんだろうか。
スカパー解説の、あの元監督だって、カラ手形は1枚しか切らなかった。
しかも「フェルナンジーニョは持ちすぎ」って、じゃぁなんで最後まで使ったのか?
なんでオプションのはずの陣形を最初から採用したのか?
まったく意味不明だ。

この期に及んで、「次に繋がる」のを監督が満足しちゃダメだ。
もう結果を出さないと、「次」はないのだ。

まぁ「サポーターが・・・」って言わなかったのは、評価するけど。


応援についても触れておこう。
試合終了後のチームコール、この前も触れたから、今日は置いておく。
が、「全力でサポートする」はずが、試合前の応援、緩すぎやしないか?
ガンバの気合の入り方との差は、あり過ぎたと思う。

あと、試合中、例えば前半、G正面でのFKで歌ものを続ける選択?
負けているのに「ラララ・・・」と歌う「Flash Dance」?
う~む。

あと、開幕前の会議で指摘したはずの、「CLをサポートする体制」ができてないから、
いいプレーをした選手がすぐに分からないって言うのも、非常に残念だ。


次は浦和戦。
平日だし、行ける人は限られるだろう。
でも、時間の空いてる方、都合の付く方は、ぜひ行きませんか?
勝ち点をとにかく拾いに行かなきゃね。

                                      ごとぴん
by sendai-neo | 2010-08-15 07:02

第17節横浜F・M戦
川崎戦はまだ希望があった気がする。
しかし今節はひど過ぎた。
暑さで疲れるのは分かる。
が、明らかにプレーが雑。
しかも、ミスした後に選手間で話し合ってない。

あれだけチャンスもらってんのに。

相変わらず状況分析ができてない監督。
いい加減にしてくれ。


で、応援も指摘したい。
川崎戦後のチームコールは「あり」だったと思う。

が、昨日の内容でチームコール??
もうズブズブの降格圏内。
しかもさっぱり改善しないチーム状況。
そして点差以上に内容の無い試合内容。

それでチームコール???
前節「全力でサポートする」って言った手前?
まさか。
「ダメなものはダメだ」と意思表示するのも、サポートだと思う。

そこは罵声じゃないぜ。
「愛のあるブーイング」や「愛のある無音」もありだ。

オートマチックにチームコールはどうかな?
ライブ感、大事にして欲しかったな。

異論はあるでしょ。
でも、俺はあの場でそう思ったんだ。


次は全力で勝ちに行こう!

          ごとぴん
by sendai-neo | 2010-08-08 10:29

第16節川崎戦
ベガルタはがんばったとは思う。
が、結果が伴わなきゃ、最後には一緒なんだ。
ボロ負けしても、惜しい負け方をしても、勝ち点は0だ。
まぁ、惜しい負け方すれば「次への希望」ってのもあるとは思う。
が、それが何試合も続いちゃうと、「希望」が「絶望」になったりするんだよね。

そういう意味で、やはり「差」が出たよね。
パスがきっちり出せるかどうか。
広い視野でサイドチェンジしてるかどうか。
クロスの先には待ってたり入ってきたりする選手がいて、シュートを打てるかどうか。
シュートを打ったときに枠内に打ってるかどうか。
攻撃面でベガルタは、「きっちり」出来てなさすぎる。
相手の守備どうこう以前に、自滅なんだもん。
その辺は川崎は「きっちり」出来てるんだよねぇ。

試合が進むごとに、なんか「希望」が「絶望」になってくのが分かって、結構萎える。
けど、応援する。

結局、「きっちり」の差がはっきり表れて、
川崎はしっかり逆転勝ち。仙台はがっくりの逆転負け。

その差はデカいなぁ。

前節から何か変わったことはあるのか?
「ここを練習してよくなりました」って点はあるのか?
って言われると、はてはて?って感じだと思うんだよねぇ。

でもここは選手にブーイングじゃない。
個々の選手の、個々のプレーには不満はあるかもしれない。
でも、激励しとくんだ。そんな気がした。
「次。次だぞ」と。
試合終了後、皆さんそうでしたね。
俺もそう思いました。

が、んじゃぁ、どうすりゃいいんだろうか?

監督さんよぉ、毎試合そういうことですから、そろそろサポーターに還元して下さいよ。
そりゃぁ「無償の愛」ってことは重々承知ですよ。
「今年はそういうことだ」って言うのなら分からん訳でもないですが、
あれだけ毎試合啖呵切ってるんだから、そろそろ、ですよ。

でも、あの差は、でかい気がするなぁ。
どうするんだろ?
どうすればいいんだろ?
はてはて・・・
by sendai-neo | 2010-08-02 05:24


I LOVE SENDAI 
mail
sendaineo@yahoo.co.jp
最新の記事
夢を見るには
at 2017-03-16 02:09
愛したい
at 2017-02-18 16:15
取り払うべきは、
at 2016-05-04 00:39
31番の憂鬱
at 2015-05-17 01:12
我慢2。
at 2015-05-03 01:33
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧